Blog

渡部玲

ビューティライター

Akira Watanabe 渡部玲

女性誌の編集部、編集プロダクションに勤務した後に独立。現在は、フリーランスのエディター、ライターとして活動。

新しいリップカラー「BENI」に見る、これからの美

1.jpeg

古より日本人の美意識を刺激し続ける、日本特有の伝統色=大和色に着想を得て誕生した、「BENI」シリーズがメイクアップブランド「フシカ(fucica)」から今春、誕生した。
「フシカ」は風姿花伝にちなんで付けられた名が表するように、メイクアップから日本人の魅力を開花させることを探究するブランドだ。2016年のデビュー以来、メイクアップアーティストや舞踊家、着付け師などさまざまなクリエーターと共に独自の"色"と"質感"を提案し、プロダクトを通して自分らしさを大切にすることを伝えてきた。
 コロナ禍が続く中、コスメやメイクアップが担う役割は、以前とは違ってきたように感じる。情勢が激しく変化し続ける今、口紅のブランドやシリーズが続々と誕生。「BENI」も「フシカ」のリブランディング第一弾として発表したリップカラーのシリーズで、2021年3月にデビューした。今回は、そのサステナブルでホリスティックの洗練された「BENI」プロダクトを生んだブランドディレクターのYUKOさんと、製造を担当した日東電化工業 ヘルスケア事業部 CEO 茂田正和さんにプロダクトに込めた思いを訊く。

――今春、新たに誕生した「BENI」シリーズは、YUKOさんの作られたメイクアップブランド「フシカ」のリブランディングの第一弾だそうですが、まずは、YUKOさんにブランドについてお聞かせいただきたいです

YUKO・fucicaブランドディレクター(以下、YUKO) 「日本人の肌の色に馴染みやすい色を展開することで、メイクアップを楽しんでもらいたいと考え、2016年に発表したメイクアップブランドです。キーカラーであり、ブランドのベースにも据えた深緋(こきひ)色は、朱赤のように発色する緋色で、最初に作ったアイシャドーで展開させました。プロダクトのラインアップは他にチーク、リップグロス、アイライナー、それから熊の筆のリップブラシです。カラーメイクアップのブランドにしたのは、顔に色が入ることで楽しい気分にしてくれるものでもあると考えているためです。
ブランドのデビューした2016年、私は28、29歳で、振り返るとブランドは私そのものだったのだろうと思います。色やアイテムは、その当時の私が思い描いていたことでした。そんな思いがきっかけでメイクアップブランドを作りました。伝統色である大和色の赤を主体にしたブランドであるのは、デビュー時から変わっていません。「BENI」は、そのブランド理念を生かした新シリーズで、まずは8色のリップカラーからスタートさせました」

――コロナ禍にある今、このタイミングでリップカラーを発表されることは大きな決断だったように感じるのですが

YUKO 「理由はいくつかあるのですが、「フシカ」のスタートから5年が経ち、一歩踏み出したいと考えたことに由るところが大きいです。とはいえ、このコロナ禍です、以前のように化粧をしたいと思える環境ではなくなった中で、それもリップカラーのシリーズを発表しようとしているのですから、迷いがないといえば嘘になります。しかし、発表することにしました。化粧するという行為に、自分の中に眠る女性性のようなものや、自分を奮い立たせる力があると信じているから。昨今では少しずつ市井の、人の意識は変わって来ているのを感じます。そして、化粧することの大切さを改めて思い知らされている方はきっと少なくないのではないでしょうか」

――新シリーズのリップカラーは、真鍮を用いたパッケージの美しさに目を奪われます

2.jpeg

YUKO 「金属表面の錆を防ぐ処理を施すめっき業として長い歴史を持つ、日東電化工業にパッケージとリップカラーの処方をお願いしました。このプロジェクトを通して、信頼できる仲間に囲まれていると思えたことも大きな歓びでしたし、リップカラーを作ることを決定づけてもくれました。多くの人がストレスを感じているであろう今、紅をさすという行為で自分の表情に色を与えることで元気にしてくれるものと考えます。そんなホリスティックな要素をも持たせたリップカラーを、新シリーズ「フシカ」リブランディングの起点にしました」

茂田正和・日東電化工業 代表(以下、茂田) 「真鍮のパッケージは弊社のめっき部門が図面を引くことから担当し、形にしました。この"捨てないコスメ"は、当社が新たに立ち上げたサステナブルな化粧品事業の第一弾。表はマットで裏面は光沢に仕上げているのは、YUKOさんのリクエストでした。酢などの酸性のもので手入れをすることで輝きを蘇らせることができるのも真鍮の魅力の一つです。
サステナブルを考えた時、僕自身が一つの指針にしたのが伊勢神宮の式年遷宮でした。これは、20年に一度行われる神宮最大の神事で、御神体を新しい正殿に還すというもの。そのために新しい神殿を用意し、古いものを取り壊すのですが、20年に一度のこの神事があることで大工や農林業など伊勢神宮界隈の人たちに仕事が生まれているのです。人間は生きていく以上、経済活動をしなければなりません。この循環には、古くから続く日本の優れたソーシャルデザインなのだろうと思えました。
話を「BENI」に戻すと、新たにモノを作ろうとした時、生まれたアイテムが使われることで所作に変化をもたらし、心を豊かにできるものであれば、あるいはいつか自分の子に引き継げるほど丁寧に使う気持ちになったり、メンテナンスを繰り返しながら使えるならば? そういった新たな価値観が芽生えるならば? それがプロダクトを通じて提案できるサステナブルなのではないかと考えました。
モノを作ることで生まれる循環をしっかり作ることがサステナブルに繋がっていくのではないか、と僕は考えます」

3.jpeg

YUKO 「真鍮という素材を選んだのも、使い続けることで味が出るものだから。使い捨てていくものではなく、長く使えるものを愛で、使いこなす歓びを感じてもらいたい。さらに、使う自身をも愛して欲しい、というメッセージを込めました。自分だけの色に変化していくことも真鍮を選んだ理由です。
茂田さんもそうだろうと思うのですが、良いものをたくさん見て、吸収して自分のプロダクトに落とし込むという作業をしています。デザインとは正解のないものですが、「BENI」は感性の豊かな人たちとともに作ることで満足のいくものに仕上がったと思えます」

茂田 「真鍮とは、銅に亜鉛を混ぜた物質です。真鍮の抗菌作用はとても高く、神社の鳥居の足の部分の、雨水が跳ね返る部分に使用することで殺菌剤となって木を腐食などから守ってくれるものなのです。ただし、錆びるのが早いという特徴もあります。錆を生じにくくするために銅に亜鉛を加えたものが真鍮です。大正時代になると装飾品や家具、ドアノブなどに腐食しにくい真鍮が使われ始められました。
YUKOさんの考える「BENI」の時代観は、江戸ではなく、明治のような維新さでもなく、大正ロマンの、まだ着物を着ている人が残りながらも洋装もいる、ミクスチャーの時代観こそが彼女の捉えたかった時代だったことで、僕は真鍮を含めていくつかの素材を提案しました。軽量で変色もしないアルミ、逆に酸化する銅も考えましたが、YUKOさんは真鍮一択でしたね」

――変化する素材を選ばれたのですね

YUKO 「自分自身もそうですし、「フシカ」も世の中もそう、常に変化するものだと考えています。そして、変化することを恐れないことは素敵なこととも思います」

茂田 「「BENI」を長く使い続けていただくために、リップカラーに配合する成分にもこだわり、吟味しました。そこで、ふっくらとやわらかな唇へと導かせるもの、それも継続して使用することで叶えられる成分をセレクトしています。唇のコラーゲンやヒアルロン酸の合成を促す効果に期待できるフィトエストロゲンの一種、大豆に含まれるイソフラボンに着目しました。それもイソフラボンの含有量が一般的なものよりも多いとされる、発芽黒豆由来のダイズ種子エキスを「BENI」に採用しました。

YUKO 「口紅をつけた唇は乾燥しがちなのです。リップクリームをつけた上から口紅を塗るという人が多いのはそのためだろうと思います。テクスチャーと成分の両方で、なめらかで使い心地のよいものにしたかったのです。
それから色のバリエーション。これも真鍮と同じ考え方で、ずっと使い続けられる色調、肌馴染みやテクスチャーを追求しました。そのため、季節ごとのコレクションは、今のところ考えていません。全8色の色展開は、春夏秋冬の4つのカラーグループに分類する、パーソナルカラー診断をベースにして考えました。近年、注目されている診断で、その結果を基準に選ぶこともできますし、その日のファッションや気分に合わせても楽しめる8色です。その中でも、06 kurumiは特に気に入っている透明感のある色。軽いつけ心地で、唇をほんのり色付けます。年齢を問わず使ってもらえると嬉しいです」


4.jpeg

赤をベースにしたリップカラーは、瑞々しいテクスチャーでほんのりと彩色する。BENI全8色(01 momohana、02 benihi、03 yuri、04 kara-kurenai、05 kohaku、06 kurumi、07 shinku、08 ume-gasane)セット(真鍮容器、レフィル1色、リムーバル)¥5,940、真鍮容器(真鍮容器、リムーバル)¥3,850、レフィル 各¥2,750 /fucica BENI

5.jpeg
天然毛だけで作られた熊野筆登録の紅筆。BENI ルージュ ブラシ ¥2,750 / fucica BENI



「カラーメイクアップのコスメは、それがあることで心を豊かにし、嬉しい気持ちにもしてくれるものだろうと思うのです」とYUKOさんはいう。メイクアップとは顔だけではなく、心をも彩るものなのだろうと思わせてくれた。
 新シリーズ「BENI」が、今の時代のあらゆる人に向けてメイクアップする歓びとコスメの可能性を伝える。

IMG_1898.jpeg
fucica
ブランドディレクター
YUKO
外資系コスメブランドにて、メイクアップアドバイザーを経験した後、化粧品メーカー数社でセールスやマーケティングを学ぶ。2016年、その日本人の肌と好相性の大和色を用いるメイクブランド「fucica」を発表、現在に至る。
会う人、行く場所、着る服、それぞれのシーンや気持ちに合わせて添える色を変える「人生に百の花を」をテーマとし、それによって生じる心の変化こそがメイクの本質であるとの考えを持つ。それを多種多様な人達に自身の手がけるプロダクトを通じて伝えることを職責とする

_MG_16038.jpeg
日東電化工業 ヘルスケア事業部
CEO
茂田正和●Masakazu SHIGETA
2000年、ひどい湿疹に悩む母親のためにスキンケア化粧品を作ったことを契機に、全国のホテルや旅館を対象とした化粧品の企画開発会社を起業。04年、父親の家業である日東電化工業のヘルスケア事業部として統合。その翌年、敏感肌向けスキンケアブランド「nesno」を発表、2016年までに5ブランドを手がけた。17年に「OSAJI」を発表し、現在に至る。
両親や祖父母に華道家、茶道家、俳人、音楽家をもつ環境によって育まれた日本の文化芸術への尊崇から、これまでもアーティスト、ミュージシャン、デザイナー、料理人とコラボレーションし、多くのプロダクトを発表。化粧品の世界最高峰の技術や安全性に基づいたmade in japanブランドと、日本人のクリエイティビティを融合させ、日本文化を深化させることを目指す。
日本皮膚科学会、 日本皮膚免疫アレルギー学会、 日本化粧品技術者会、 日本香粧品学会に各学会に所属し、こどもを紫外線から守る会およびバランスケアアソシエーションを主宰する http://nitto-ec.co.jp/hc/



fucica(UCO)
tel: 05036472728
https://www.fucica.jp/

「dear mayuko」というビューティーブランドを知っていますか?

シンプルでかわいい、それでいて存在感のあるパッケージでケアする楽しさを与えてくれる、「dear mayuko」。そのキュートさもあって、私自身も注目しているブランドの一つだ。一見して記憶に残るほどのキュートさと愛らしさのあるパッケージでありながら、力強いアイテムの数々。その人気はじわじわと上昇中で、リピーターが絶えないという。そんな「dear mayuko」の魅力を探る今回、ブランド広報の柳瀬真紀子さんに話を訊く。

160804_パッケージCG集合画像.jpg

「dear mayuko」を支えるピュアセリシン™の力

----なぜ、どんなコンセプトで「dear mayuko」というブランドが生まれたのでしょう?

柳瀬真紀子さん(以下、柳瀬) 「dear mayuko」というブランドが生まれたのは、ピュアセリシン™という成分との出会いにほかありません。

ピュアセリシン™は、そもそも福井県にある繊維メーカー、セーレン社の発見した成分で、2015年5月に設立した我々のDear Mayuko社よりもずっと前からこの成分はありました。そんな経緯から、ピュアセリシン™について話をするなら、セーレン社がなぜこの特別な成分を発見するに至ったのかをご説明することから始めないといけないですね。

 繊維メーカーであるセーレン社は、その社名の由来となる精練(せいれん)業からスタートしています。精練とは、絹を水洗いして"セリシン"を取り除く作業のこと。絹職人たちは、冷たい水に長時間手を晒しながらも、驚くほど白くてなめらかな肌をしていたといいます。このことに、なぜ? と疑問を持ったことがセリシンの研究に着手した最初でした。およそ30年前のことです。そこから研究を進めたのですが、繭糸の断面写真を拡大して見ると、絹糸になる素=フィブロインの周りを糊状のものがへばりつくように覆っていました。この謎のものこそが、セリシンです。このセリシンを取り除くことで肌触りのよい、なめらかな美しい絹の糸が生まれるのです。そして、このセリシンが絹職人たちの手を美しくさせ、美肌効果の望める成分ということが研究する中で徐々にわかってきました。

セリシンは、繭に含まれる希少な天然のタンパク質で、様々な外的ストレスから蚕を守るための保護成分です。天然保湿因子(NMF)にとてもよく似ているため、肌馴染みがよく、肌にやさしいのが特徴的です。しかし、採取したままでは、肌への美容効果を最大限に引き出せないことが、研究の結果わかりました。セリシンの大きさにはバラつきがあり、活用するに至るのはなかなかに難しい。大きすぎると肌に入り難く、小さすぎると肌を刺激してしまう畏れもあるです。つまり、セリシンを活用するためには、まず分子の大きさを肌にとって適切なサイズに揃える必要があります。その特殊な技術を開発したのがセーレン社で、粒ぞろいに揃える抽出技術を世界で初めて、1999年12月に取得しています。その技術を用いて精製されたセリシンが、セーレン社のピュアセリシン™なのです。

----絹職人の方たちの美しい手に着想を得て、化粧品の開発に挑み、研究を進め、世界で初めての技術を取得し、その特殊な抽出技術に精製されたのが、ピュアセリシン™なのですね。ということは、セーレン社における化粧品部門を立ち上げたいと、研究を始められた頃から考えられていたのですか

柳瀬 そう聞いています。それまで絹織物を作る過程で捨てていた、繭に含まれる成分だったセリシン。これこそが絹職人たちの手を白く、美しくするものであることと決定づけ、研究を進めた結果、コスメの事業がスタートしたそうです。
 途中でやめることなく、やり続けられたのは、ただ、化粧品に使うことだけが目的ではないと思えたからでしょう。研究を深く深く進めていく中で、繊維や食品の分野から医療の分野にまで幅広い展開を期待できることがわかってきました。そんなピュアセリシン™のマルチな機能性もまた強い後押しとなったのだと思います。

----そのセーレン社と「dear mayuko」の関係なのですが、百貨店の高島屋とセーレンで作られた会社がDear Mayuko社だと聞いていますが

柳瀬 先にお話したように、セーレンは繊維メーカーですので、高島屋との付き合いは昔からありました。企画力や店舗の開発と運営力などを得意とする高島屋と、世界屈指の技術開発力を誇るセーレンがそれぞれのノウハウを生かし、それぞれがそれぞれに補いながら、「dear mayuko」というブランドを誕生させました。

日本の文化を享受する、日本のブランドであり続けるために

----年齢や性別、国籍を問わないブランドだと伺いました。実は、少し驚いたのです。ということは、20代くらいの若い世代にも向けられたものであるのだろうと思います。でも見た目はとてもキュートなのに、価格は、その......

柳瀬 そうですね。「dear mayuko」の商品を安くないと感じる方もいらっしゃるかも知れません。近年ではドラッグストアや通販で化粧品を購入される方が多く、価格や便利さを重視して選ぶ方が増えています。安くてもよい製品を気軽に買える時代になってきました。
私は、最初のマーケティングから関わっていますが、高島屋の店舗をメインに年齢層や価格帯などを設定するのは難しいところではありました。そうした中でまず私たちが考えたのは、デザインやクリエイティブなモノへの関心が高く、自分の感性を大切にしたいと思っている人に向けたブランドであること。そうありたい、と目指してまいりました。毎日の暮らしを大事にしながら、それでいて肩の力を抜いた、自然体であることを重んじる方々を想定して、使っていただきたいと考えています。そして、百貨店の化粧品売り場には、これまでなかったデザインでありながら、本当によいと思えるものを提供するブランドとして必要なプライシング=価格設定を行なっています。

----繊維メーカーの発信するコスメブランドであることは、「dear mayuko」のラインアップを見ても、薄っすらとではありますが、わかるような気がします。

柳瀬 商品バリエーションを多くしたそのラインアップは、スキンケアを始め、ベースメイク、ヘアケア、ボディケア、タオルや雑貨まであります。
大切にしているのは、日本の文化を感じられるブランドであること。そんな思いから、2016年11月に「dear mayuko」はデビューしました。
 ブランドを始めるにあたり、最初に決めたのは、ブランドコンセプトの"Design My Dearest Life"でした。本当によいと思えるものやワクワクすることを通じて、自分らしい生き方や暮らし方、そして五感を満たす日常を創出するライフスタイル提案型のブランドを作りたいという願いを表現しています。また、ピュアセリシン™という高機能成分を採用することで、"一生モノのキレイをつくる"ブランドを目指しています。
"一生モノのキレイ"というのは、非常に強い言葉です。しかし、ピュアセリシン™にはそれをも叶えられる力を持ったものである、と私たちは確信しています。用途も化粧品だけでなく、食べても纏ってもいい。ピュアセリシン™は成分ですから、加工を施したタオルシリーズも用意しています。これは、全身でセリシンの優しさに包まれていただける贅沢なアイテムです。ピュアセリシン™は、熱にも強い成分、その特性を生かしたバス製品はバラエティ豊かに展開しています。

----この先も、キー成分にピュアセリシン™を据え、その魅力を伝えるアプローチで展開される予定でしょうか

柳瀬 「dear mayuko」は、ピュアセリシン™との出会いをきっかけに生まれたブランドです。私たちには、これ以上の成分はないだろうという自信があります。そして、この成分にはまだまだたくさんの魅力が潜んでいると考えているのです。
化粧品だけに留まらず、タオルなどの雑貨も含めた幅広いアイテムの提案ができることも、この成分の魅力です。現時点では、まだ詳しくはお話できないのですが、みなさまにきっと喜んでいただける商品開発を予定しています。
2019年の春である今の「dear mayuko」のビューティアイテムにおけるシグニチャーと言えるのは「イノセントスキンセラム」という名のプレ美容液です。たくさんの人にピュアセリシン™成分のパワフルさを感じてもらえるアイテムであり、人気もあります。

イノセントスキンセラム.jpeg

イノセントスキンセラム 20ml ¥7,800 dear mayuko

----先日、発売されたばかりの最新作、美白美容液もピュアセリシン™をキー成分に構成されていますね

柳瀬 最新作の「イノセントスキンホワイトセラム」は、2019年4月1日に発売しました。ピュアセリシン™に美白効果を望める成分をプラスした美容液で、できてしまったシミやニキビ跡、糖化による黄ぐすみなどを多角的にアプローチする自信作です。加えて、日焼けによるほてりや肌荒れ、ニキビを未然に防ぐ効果も期待できるよう、探求を重ねました。とろりとしたテクスチャーのこの美白美容液は、肌にすっとなじむつけ心地で、次のスキンケアステップに時間を空けず進むことができるところもポイント。オールシーズンで使えるように設計していますが、これから夏に向かう季節は、紫外線だけでなく、エアコンなどの乾燥も気になる頃でもありますから、今、ぜひ試していただきたいアイテムです。

4-2.jpg

イノセントスキンホワイトセラム[医薬部外品]30ml ¥10,000 dear mayuko

----その新作もそうなのですが、シンプルなパッケージが目を引きます。全てのシリーズは一様に楕円をモチーフにデザインされていますね

柳瀬 パッケージのデザインは、日本デザインセンターの大黒大悟さんと佐野真弓さんにアートディレクターとして参加していただきました。
楕円="まる"は、セリシンを育む繭玉の形を表現した、「dear mayuko」のシンボルです。スキンケアしたり、ヘアケアしたりお風呂に入ったりする、日常にある幸せを"まるくつつむ"ことをイメージさせてくれます。この"まるくつつむ"とは、日本のよい伝統や文化を"和する"精神にも通じ、日本らしさをも感じさせてくれます。実は、「dear mayuko」のロゴも楕円をモチーフに形作られているんです。

フェイスケアにボディケア、バスアイテム、そして生活雑貨をラインアップする、「dear mayuko」。2019年5月現在で約80アイテムが揃い、ピュアセリシン™の力が息衝く。「今後も新作の発表を控えている」という柳瀬さん。美しさとは、健やかさがあってこそ成り立ち、それは日常の中から生まれると改めて感じさせてくれる。

yanase.jpg

Dear Mayuko 株式会社
セールスプロモーションチーム
柳瀬真紀子●Makiko YANASE

大学卒業後、化粧品メーカー、広告代理店勤務を経て、念願の総合美容メーカーに10数年広報担当として勤務する。その経験を生かし、「dear mayuko」のブランドの立ち上げより参加。以降、マーケティングやセールスプロモーション全般を担当する。


dear mayuko(Dear Mayuko) TEL 0120-115-177
https://dearmayuko.co.jp/

1/1 1

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top