イヴ・サンローラン「ル ヴェスティエール デ パルファム」から新たな香り「ブラウス」が誕生

1961年にムッシュ イヴ・サンローランが設立した自身のオートクチュールメゾン、イヴ・サンローラン。翌年にはオリジナリティー溢れるスタイルを色彩豊かに表現したオートクチュールコレクションを発表し、以来、人々を魅了すると同時にその独創的なクリエーションはモード界に大きな影響を与え続けました。そんな彼が、自身の世界観を体現するものとして、1964年にフレグランスを世に送り出しました。その香りは彼の象徴であり、まとう人の個性を引き出しながら、その人にふさわしい魅力を演出したといわれます。

そんな、モードの歴史を牽引し、自身の美学をスタイルとして築いた偉大なデザイナー、ムッシュ イヴ・サンローランのアイコニックなワードローブにオマージュを捧げた香りが「ル ヴェスティエール デ パルファム」。タキシード、キャバン、サハリエンヌ、カフタンの4種があるが、この春、あらたに「ブラウス」と名づけられた香りが仲間に加わった。


ysl20180311.jpg


今回、香りの名前になっている衣服「ブラウス」の由来は、かつて農夫たちが着用したスモックにさかのぼる。その男性的でシンプルな衣服をムッシュ イヴ・サンローランが透け感のあるクチュールデザインによって、フェミニンでセクシー、エレガントでパワフルな女性のための新たな装い「ブラウス」へと生まれ変わらせ、センセーショナルを巻き起こしたのは1960年代のこと。

その装い「ブラウス」に投影された女性像を象徴する香りとして今回選ばれたのは、ダマスクローズ。ガルバナムとピンクペッパーコーンと組み合わせられ、まるでローズの香りがフレッシュなエネルギーをまとっているかのよう。ラストノートのカシュメランがモダンな印象を際立たせる。ムッシュの美学が凝縮された香り「ブラウス」をぜひこの機に体感してみてほしい。


「ル ヴェスティエール デ パルファム ブラウス」
オーデパルファム 125ml ¥35,000
問合せ:イヴ・サンローラン・ボーテ
TEL:03-6911-8563
WEB:www.yslb.jp


MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top