【From パリ支局】エルメスのビューティラインにシルクのようなチークが仲間入り

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

RoseHermes_310321_m.jpg

©Joaquin Laginge


エルメス初のビューティライン「ルージュ・エルメス」の発売から1年、待望の第2弾「ローズ・エルメス」がまもなく登場します。新たに加わるのは、8色のチーク、2種のチークブラシ、専用のチークケース、3色のリップスティック。

みずみずしく生き生きとした表情を引き出すチークの色は、エルメスのシルクスカーフに用いられる75,000色のカラーコレクションの中から選ばれました。「ローズ・エルメス」の名前にふさわしく、バラを思わせる色のラインナップです。

hermes_29mars202102.jpg

19 ローズ・アブリコ、23 ローズ・ブラッシュ


hermes_29mars202103.jpg

28 ローズ・プリュム、54 ローズ・ニュイ


hermes_29mars202104.jpg

32 ローズ・ポメット、45 ローズ・オンブル


hermes_29mars202105.jpg

49 ローズ・タン、37 ローズ・ポワヴレ(アジア限定)

きめ細かで滑らかなチーク。抗酸化作用のあるビタミンEを配合したミネラルパウダーが肌にぴったりと密着し、重たさを感じさせません。『ローズ・エルメス ファー ア ジュ プードル ソワユーズ』 税抜き価格 各8,200円 ©Studio des fleurs


パウダーのテクスチャーもシルクのように軽やかで、表面にはシルクツイルの織り目のような模様が刻まれています。

hermes_29mars202101m.jpg

©Joaquin Laginge


「ルージュ・エルメス」に続き、ピエール・アルディがデザインを手掛けたケースは、メゾンのエスプリが込められた美しいオブジェでもあり、白地にゴールド色のエクスリブリス(エルメスを象徴する蔵書印)が輝きます。

hermes_29mars202107.jpg

チークもリップもレフィル交換可能な設計。©Jack Davison


レザーの質感から着想されたというリップスティックは、軽い付け心地でほんのりと艶をおびたマットな仕上がり。革職人がサドルステッチの糸の蝋引きに使うビーワックス(蜜蝋)のテクスチャーも取り入れられ、たっぷり配合されたホワイトマルベリーのエッセンスが、唇の美しさを自然に引き立たせます。

rosehermes_010421.jpg

14 ローズ・アブリコテ、30 ローズ・デテ、49 ローズ・タン

ラズベリーシードオイルとセサミンをベースにしたうるおい成分配合のリップスティック。唇を保湿し、乾燥から守ってくれます。『ローズ・エルメス ローズ ア レーヴル』 税抜き価格 各7,300円 ©Studio des fleurs


hermes_29mars202108m.jpghermes_29mars202109.jpg

チークブラシ『ローズ・エルメス パンソー ファー ア ジュ』税抜き価格 10,100円 、トラベル用チークブラシ『ローズ・エルメス パンソー ファー ア ジュ ノマド』税抜き価格 5,500円、チークとトラベル用ブラシを収めるためにデザインされたチークケース『ポメット』ケースのみの税抜き価格 467,000円 ©Jean-Marie Binet(写真上)


すべて4月14日発売予定。
取扱い店はこちらでチェックを。


Text : B.P.B. Paris

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top