イッセイ ミヤケ パルファムのサマーフレグランスとアートの素敵な関係

ISSEY MIYAKE PARFUMS(イッセイ ミヤケ パルファム)の香り、なかでもサマーフレグランスはイッセイ ミヤケ パルファムの真骨頂。1995年から毎年ゲストアーティストを迎えて、夏が香るパッケージを発表しており、そのクリエーションを楽しみにしているファンも多い。

2018年は、イッセイ ミヤケの美を象徴する二つのモチーフ「タイポグラフィー」と「自然」をテーマに、独自の世界観を持っていて、異なる技法で表現する二人のアーティストを起用。フランス人の若きグラフィック・アーティスト、ティルサによる曲線的でエレガントな文字を「窓」に見立てて、その「窓」の向こう側には植物をもちいて作品を作り上げるアリス・オーボワロンが描いた生き生きとした豊かな緑の風景が広がっている。まさに躍動感あふれる夏を感じさせるデザインだ。


ISSEY MIYAKE PARFUMS:Summer 2018
ティルサとアリス・オーボワロンによるコラボレーションのメーキング動画


去る5月30日の限定サマーフレグランスの全国一斉発売の際には、ゲストアーティストのティルサとアリス・オーボワロンが来日し、トークショーを開催した。さらに二人は、今回のボトルデザインの世界を特別なディスプレイで表現した。ISSEY MIYAKE直営店(AOYAMA、GINZAのOMOTEとURA)は6月27日(水)まで、東京・銀座にある資生堂銀座ビル1F(東京都中央区銀座7-5-5)では7月26日(木)まで見られる。大迫力のウィンドウディスプレイ、実物を必見です。ぜひ立ち寄ってみて。


IMP20180606_TALK.jpg

トークショーの様子。写真右から二人目がティルサ、三人目がアリス・オーボワロン。


IMP20180606_GINZAOMOTE.jpg

ISSEY MIYAKE GINZA / OMOTE


IMP20180606_GINZAURA.jpg

ISSEY MIYAKE GINZA / URA


IMP20180606_SHISEIDO.jpg

資生堂銀座ビル1F


「ロードゥ イッセイ サマーオードトワレ」
フィルメニッヒ社の調香師アルベルト・モリヤスが手がけたイッセイ ミヤケの夏の香りは、晴れやかでフェミニンな、フルーティーフローラルの香り。トップノートはフレッシュなグレープフルーツとライチ、続くミドルノートではパッションフルーツとグァバが弾け、そこにほんのりと開くフローラルノート。ラストはまるやかなウッディとバニラが溶けて香り立つ。
IMP20180606_FEMME.jpg

「ロードゥ イッセイ サマーオードトワレ」100ml 本体価格¥8,800


「ロードゥ イッセイ プールオム サマーオードトワレ」
上の「ロードゥ イッセイ サマーオードトワレ」と同様にパッションフルーツのエキゾチックな香りがアクセント。トップノートは少し苦味のあるグレープフルーツとコリアンダーに、みずみずしいキウイをプラス。ナツメグとパイナップルがミドルに広がり、最後にベチバーとサイプレスが力強さを印象付ける。
IMp20180606_HOMME.jpg

「ロードゥ イッセイ プールオム サマーオードトワレ」125ml 本体価格¥8,300


問合せ:ISSEY MIYAKE PARFUMS お客様窓口
TEL:0120-110-664(9:00〜17:00)
*祝祭日、夏期休暇、年末年始を除く月~金曜日


MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top