フランスのキャンドルメーカー「シール トゥルドン」からミモザの香り「エステレル」が新登場!

フランスで最古の歴史を誇るキャンドルメーカー「CIRE TRUDON(シール トゥルドン)」は、1643年、ルイ14世が国王に即位した年にパリのサントノーレ通りに店を構えました。創立当時、スパイスを売りながら、地元の人々や教会のためにキャンドルを作りはじめると、その店が繁盛し、1687年には王妃専属アポセカリーおよび調合師となると極めて高純度のワックスを作るようになりました。その後も、ルイ14世やパリで最も有名で高い教会にも献上し、当時の工場は歴史遺産として今も大切にされているほど格式高いキャンドルへと成長を遂げました。

そんなシール トゥルドンのキャンドル。現在はノルマンディの工場で厳選された天然原料のワックスとビーワックスのみを使って生産されており、ガラス容器はすべてイタリア・ヴィンチ村の職人によるハンドメイド。部屋にあるだけでも高貴な気分になれそう。


CIRETRAVDON20180502a.jpg


今回発売された、ミモザの香り「エステレル」。かつて、冬の間ニースでバカンスを過ごした英国貴族の贅を尽くしたガーデンに繁殖したが、現在は、地中海沿岸のエステレル山地に生き生きと咲き、香りだっているミモザ。実は、19世紀にイギリスの植物学者によってオーストラリアからフランスに持ち込まれて以来、コート・ダジュールを代表する花として知られているのです。


CIRETRAVDON20180502b.jpg


「シール トゥルドン センティッドキャンドル(エステレル)」
¥12,000 5月30日発売
問合せ:ドゥーブルアッシュ
TEL:03-6427-2369


MAGAZINE

『装苑』2018年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top