オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの京都店がオープン

ビューティーもファッションも大好きで、美しいものや暮らしにも関心が高い。そんなおしゃれ感度の高い女性たちからも支持されているフランスの総合美容専門店OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)。2017年4月に日本第1号店を東京・代官山にオープンさせ日本初上陸、そして満を持して2号店を京都にオープンした。

オーナーのラムダン・トゥアミとヴィクトワール・ドゥ・タイヤックは、日本1号店オープンの際に移り住んでしまったほど、美しい四季や文化を持つ日本に魅了されている。そんな彼らが挑んだのは、彼らの愛するフランスと古都・京都、対照的な文化の対比を構築することだったという。


buly20180615a.jpg


まず数寄屋造りの外観は直線的な梁が印象的で、茶室に着想を得た純和風の佇まいを聚楽壁や障子などで表現。清廉さと和の心を感じさせる床の間のようなしつらえとなっている。
一転し、19世紀のフランスを彷彿させるインテリアで、重厚な薬局棚はフランスの匠による伝統技法をもちいた手作業で仕上げられ、中央には大理石のカウンターが鎮座する。また、17世紀のパリで大流行した肖像画が天井に並べられ、床はヴェルサイユ式の寄木細工がほどこされている。まさにフランスと日本の伝統と技術が融合した空間。ビュリーファンはもちろん、初めてビュリーを体験するという人たちにもぜひ訪れてみてほしい特別なお店の誕生だ。


buly20180615b.jpg


buly20180615c.jpg


また今夏以降には、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの人気製品、植物オイルボトルのデザイン刷新や、パリのホテルクリヨンの客室に採用されているミニチュアサイズのビュリー製品をセットにしたトラベルキットの販売も予定されているそう。こちらもお楽しみに!


「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー京都店」
住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 1階
時間:11:00〜20:00
TEL:075-286-3584

MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top