大谷有紀のアートなネイルあれこれ vol.22「ピンクホワイトのタイル」

ootani151201.jpg

装苑ONLINEのブロガーとしてもおなじみのデザイナー、大谷有紀さん。ファッションブランド「Ki Noe」やイラストをはじめ、彼女の作品は女の子がきゅんと心ときめくようなガーリーな作風でありながら芯が通っているところが魅力的。その傍ら、雑誌『VACANCES』の編集長兼アートディレクターを務め、新しいもの・ことを見つけるアンテナも敏感で、身につけるものもとってもおしゃれ。そんな彼女がこだわっているものの一つがネイル。自らのイラストや古いデザイン書をインスピレーション源に、「coco Room」のネイリスト、瑚々乃梨さんと一緒に作り上げていく。このページでは、ネイルアートとイメージソースとなったビジュアルを公開。指先で楽しむ小さなアート作品として、参考にもなるはず!


nail170906.jpg

今回は、女の子らしいピンク色を甘すぎないデザインで、ただし、かわいらしさを残すという提案を。ベースは、大谷さんがタイルからインスピレーションを得たという強さのある白いライン。そこに、人差し指の爪にだけ優美なピンクを色づけて。そのほかは、ラインが交差する部分に、ピンクのホログラムを飾るのみ。程よくピンクの存在感がありつつも洗練された印象で、モードなスタイルにも似合うはず!


line151201.jpg

ootaniyukiprof.jpg

大谷有紀 Yuki Ootani

デザイナー。1981年福井県生まれ。2007年東京藝術大学院デザイン科修士課程修了後、株式会社資生堂宣伝部入社。在学中よりデザインユニット2eとして活動し、著書に「ペーパー・シンドローム」(ピエ・ブックス)も発表。2010年に自身の服ブランド「Ki Noe」をスタート。2016年よりフリーランスのデザイナーとして活動を始める。
BLOG:soen.tokyo/blog/ootani/

special thanks:coco Room(Nail artist / Coco Nori)

MAGAZINE

『装苑』2017年12月号、10月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top